痛風の合併症

痛風は圧倒的に男性がかかりやすい病気を言われ、患者数の90パーセントは男性と言われています。
また40代くらいからの病気と言われてきたが、近年では20代の若者にも症状がでており、年代は関係ない病気をなりつつある。
原因は不規則な食生活が一番の原因と言われている。
好きなものばかり食べ、野菜などの摂取を怠り、アルコールの摂取量が異常に多い場合など、尿酸値が上昇する原因となる生活をしていると痛風は発症します。
痛風の症状は、足の親指などに痛みがではじめるのが特徴です。
痛風はその名の通り、風がふくだけで痛い病気であり、強烈な痛みを伴います。
初期症状を見逃さなければ、症状の緩和をすることができますので、一度病院で尿酸値の検査をしてもらうことをお勧めします。
検査キッドなどもあるので、時間がない方でも自宅で簡単に症状の確認をすることができます。
痛風の早期の発見は早い段階での治療が可能になり合併症による尿路結石や肝疾患などの予防などもすることができる。
治療に用いられる薬は、ザイロリックという治療薬。
ザイロリックとは上昇した尿酸値を下げてくれる働きがある薬で、痛風の治療に大変効果がある薬となっています。
尿酸値の上昇を抑えるためには、この治療薬を常に持ち歩いて、いつでも服用できるようにしておくことがいいかと思います。
薬の効果の持続時間は約6時間あり、症状の程度によって服用量が変わってくるので、医師の指示通りにまたは薬の注意書きに沿って服用してください。
決められた服用量以上に服用してしまうと、副作用などの影響がでやすくなってしまうので、注意が必要です。
痛風の症状は非常に辛いものですが、治療のポイントととしては腎疾患などの合併症を防ぐことにあるので、きちんと治療していきましょう。
腎疾患を患ってしまうと、長い期間人工透析などが必要になってしまう場合もあり一度失った腎臓の機能は戻ることがないので、痛風よりも辛い治療が待っています。
今からでも遅くないので、生活態度を改め、健康的な食生活をし、症状がでてしまっている方は薬も毎日きちんと服用して、対策をしていきましょう。